エコテックス

エコテックスのtwitter

エコテックスのfacebook

ブログ

犬と事象のことわざその7... 2016.08.13

犬と事象のことわざその7

 

★「飼い犬に手を噛まれる」

★「手飼いの犬に手を食われる」

★「手飼いの犬に足を食われる」

 

いずれも同じ意味に使われます。

要は、日ごろから面倒を見てきてかわいがってきたものに

裏切られ、思わぬ損害を受けることがありますね。

 

会社などではよくあります。

 

後継者にと思って育ててきた人にライバル会社に移籍されてしまったとか。

そんなとき「飼い犬に手を噛まれたとはこのことだ!」ということになります。

 

同義語に   ★「飼いネコに手を噛まれる」

       ★「A man is in the dog house]

            in the dog house:面目を失う

 

      意味は  「面目丸つぶれ」です。

 

 

 

 

犬と事象のことわざその8

 

★「飢えた犬は、棒を忘れず」

 

飢えた犬は、人にたたかれることを恐れず食べ物に近づくということわざです。

おおなかがすいていれば人間だって同じことです。

人間だって食うために、法を犯すことがあります。

生活に困ったものは危険なっことや、悪いことをしてしまうようです。

 

類似語に★「やせ馬、無知を恐れず」

 

★「It  is an easy matter to find a staff to beat a dog」

犬を打つ棒を探すことはたやすいことだという外国のことわざです。

 

反語に★「尾を振る犬はたたかれず」

   ★「尾を振る犬は打てぬ」

   ★「杖の下に廻る犬は打てぬ」

 

 

したって懐いて追ってくる犬(人)には、むごい仕打ちはできないという

ことわざです。

 

従順で敬愛の意をもって近寄ってくるものには誰も攻撃はしないということです。

 

 

 

犬と事象のことわざその5... 2016.08.13

犬と事象のことわざその5

 

★「犬は三日飼えば、三年恩を忘れぬ」

 

よく知られていることわざですね。

犬は三日(短い時間)飼っただけでも三年(長い期間)

恩を忘れないということから、ましてや人間は、恩知らずになっては

いけないという戒めに使うことわざになりました。

 

「同義語」

 

★「犬はその主を知る」

★「犬は三日飼えばその主を知る」

★「恩を忘れるんのは犬にも劣る」

 

反語に「猫」が使われ割を食っています。

そんな役割の猫さんのことわざもちょっと上げてみましょう。

猫は人ではなく場所につく動物だからでしょうね。

 

★「猫は三年の恩を三日で忘れる」

★「猫ババ」:拾ったものを黙って着服するということわざ。

★「猫に小判」:値打ちの分からないものに価値はわからない。

★「猫に鰹節」:過ちが起こりやすく、油断できないたとえ

★「猫の首に鈴をつける」:良い考えでも、実行すのが難しい

 

外国のことわざですが

 

★「I live a dogs]:みじめな生活を送る

というものがあります。

「犬」対「猫」はイーブンということに。

 

 

 

犬と事象のことわざその6

 

★「噛み合う犬は呼び難し」

 

喧嘩している犬は、いくら読んでも来ない。

このように自分のことで夢中になっている人は、他人から

何を言われても聞こえないし耳にも入らない。

 

平たく言えば手いっぱいで何を言われてもわからない条谷なっているという

ことわざです。

 

 

★「犬に三年人一代、人に三年犬一代」

 

犬みたいといわれながらも若いうちは一生懸命悔いのない

働きをして、老後を楽に暮らす人がいれば、ありったけのお金を

ジャンジャン使い果たして、気が付いた時には無一文になっていて

苦労の老後を過ごす人もいるということわざです。

 

 

★「犬の成長は三日」

 

犬は成長が早いということわざです。

大型犬で誕生から一年で12歳。

一か月で1歳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

Top