エコテックス

エコテックスのtwitter

エコテックスのfacebook

犬と虎のことわざ 犬と鷹のことわざ

2016.08.12

犬と虎のことわざ

 

★「内は犬の皮、外は虎の皮」

 

家ではつつましく、貧しい暮らしをしていても、外へ

出るときは立派な身なりに整えるということわざです。

★「武士は食わねど、高楊枝」同じ意味です。

 

たとえ貧しい境遇にあっても気位を高くもって、貧しい

様子や空腹の姿は見せないよう心掛けるということです。

 

 

★「虎を画いて、狗に類す」

 

虎は日本では百十の王(日本にライオンはいなかった)、

狗は虎より劣る。

 

立派な虎を書こうとしたがダメ犬にしか書けなかった。

と いうことから、才能のないものが才能のあるものを

真似して失敗するたとえです。

 

★「虎を書いて猫に類す」ともいう。

 

 

 

 

 

犬と鷹のことわざ

 

★「犬も朋輩、鷹も朋輩」

 

身分に違いがあっても、同じ主人に仕える者同士は

仲間であるといことわざです。

同じ会社の同僚、目上などに使うといいですね。

役目が違っていても、同じ社長に仕えていれば同じですからね。

 

 

★「犬骨折って鷹の餌食」

★「犬骨折って鷹に捕らわれる」

 

犬が骨折って(苦労して)追い出した獲物を鷹にとられるという

ことわざです。

 

苦労して手に入れたものを他人に奪われてしまうことのたとえです。

鷹狩では「犬」は獲物の追い出し役「鷹」は捕らえ役。

 

役目が決まっていてもなんとなく釈然としないことから、

横取りされたという解釈になったことわざです。

 

人間社会にもよくある話です。

★「誰が最初に井戸を掘ったかのか忘れてはいけない」と

いうのがあります。

多くの人は先人の苦労を忘れて自分の手柄だけを誇張して

威張る人が多い世の中です。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントは受け付けていません。

Top